家を建てる前の下調べ岐阜県の注文住宅会社の評判調査 » 岐阜県の新築事情

岐阜県の新築事情

新築購入を失敗しないためには、事前準備がとても大切です。自分のニーズと新築の条件が一致することで、「成功した」と感じるでしょう。自分に最良な新築条件を洗い出すために、必要な情報を整理して行きます。

岐阜県の人口比率と未来予測について

岐阜県の統計データ(平成30年11月)によると、岐阜県の人口は約203万人です。1位は岐阜市で約40万人、2位は各務原市で約15万人、3位は大垣市で約16万人です。

在住外国人は約5万人です。主な国籍はブラジル、中国、フィリピン、韓国、ペルー、ベトナムで、「多文化共生社会」の実現を目指しています。

人口ピラミッドは、若い世代ほど少なく高齢者が増える、「超少子高齢化」です。その背景には、仕事、結婚、進学による若年層の県外転出と、生涯未婚率の増加が影響しています。

人口減少による税収減や社会保障費の現役世代への負担増など、行政は多方面の課題を十分認識しています。そのため、岐阜県では積極的に「少子化対策」へ取り組んでいます。

岐阜市の住みやすさ情報

岐阜市は県庁所在地があり、岐阜県の中南部に位置しています。交通の便が良く、名古屋まで電車通勤・通学が可能。織田信長ゆかりの歴史的な観光地も魅力です。夜景を一望できる「金華山」や鵜飼で有名な「長良川」があり、レジャー環境にも恵まれています。

日常生活では、徒歩圏内でショッピングモール、スーパー、コンビニ、薬局が多く、生活必需品に困ることはないようです。また、産婦人科を含めて病院施設が充実しており、安心して子育てできる環境が整備されています。

住民からは「治安が良い」との声が多数あり。岐阜市の都会過ぎず田舎過ぎない住環境は、住民にとって落ち着いて生活しやすく、気軽に自然体験できると評判が良いようです。

各務原市の住みやすさ情報

各務原市は岐阜県の南部に位置し、木曽川が市内を流れています。岐阜県方面にも愛知県方面にも向かう電車があるので、通勤・通学のアクセスがとても良好なエリア。公園や保育所が多くあり、子育てがしやすい街と評判が良いです。

淡水魚水族館として世界的に規模の大きい「アクア・トトぎふ」、大観覧車が目印の「オアシスパーク」などのレジャー施設があります。河川敷の桜など緑豊かな生活環境です。

夜は静かで車通りも少なく、住民によると「落ち着いていて治安が良い」とのことです。徒歩圏内に大型ショッピングモール、飲食店、スーパー、コンビニ、薬局があり、日用品の購入は便利。病院施設が多く、安心して生活できる住環境が整っています。

大垣市の住みやすさ情報

大垣市は名古屋駅まで乗り換えなしで約30分強と、通勤・通学・休日のレジャーに便利な地域です。岐阜県指定の「茶屋屋敷跡」、4層の天守が特徴の「大垣城」など、古風な街並みを体験できます。

水も豊富で、田や畑も多くありますので、緑もたくさんあり自然環境は豊かです。徒歩圏内にショッピングモール、大手電機量販店、スーパー、コンビニ、薬局などがあり気軽に日用品を買うことができます。

個人の開業医だけではなく、大垣市民病院を筆頭にして、大きめな病院も充実しているので、医療体制は安心ですね。地域全体として、「子育て日本一」を掲げているため、子育て支援が豊富。大垣市は子育て世代にお勧めエリアと言えます。